アメリカのメジャーなお土産ショットグラス

アメリカに来て気づいたのですが、どこの町にも必ず
ショットグラスが売っています。


その町にちなんだ柄や絵、文字入りのもの。
お土産には持ってこいで、私も友人も頻繁に、
行く先々で購入します。

そうこうしているうちに、気づけば大量のショットグラス。
皆、マイショットグラスを持つまでになりました。

ゆえに、私たちが鍋パーティーなどをやる時は、
必ずと言って良いほど、ショットを飲むようになりました。
お決まりの、クエルボとオレンジとシナモンです。

10人集まっても、足りるほどあります。

足りない時は、マイショットグラスを持ち寄ります。

ダブルシングル、いろいろありますが、基本的にシングルです。
寒さ故か、みんな強くなりました。
もちろんもう子供ではありませんから、無茶な飲み方はしませんが。

日本にもショットグラスってありましたっけ?

私が見たことがあるのは、切り子のおちょこグラスです。
高いですよねー。
そして非常に脆い。

なるほど、それが日本の繊細さなのかもしれません。
ちなみにアメリカ人は、小さなおちょこを持たせると
味わって飲むはずの日本酒も、一瞬でショットしてしまいます。


うーん。

小さいものは、一口で飲む文化なのでしょうね。
おもしろい。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ