アメリカ一人暮らし チェックブックでお支払い

日本では全くなじみのない物の一つとして、
チェックブックが上げられると思います。

チェックブックとは、金額を記入して、サインをすると、
お金に変わる紙です。
銀行が出している長財布サイズのノートだと思ってください。

家賃を初め、光熱費、はたまたスーパーのお買い物でも
どのシーンでも使います。
バーでチェック切ってる人は見たことはありませんが。

たとえば、今月の家賃43000円を払うとします。
チェックブックの1ページ目に、日付と金額を書きます。
そして、チェックを受取る人(大家さん)と、
出した人(私)を記入。
そして肝心の、サインをします。
そのページをベリっと破いて、切り取り、
それを封筒に入れて、大家さん宅へ郵便します。

すると、それを受取った大家さんは、そのチェックを持って
銀行に行きます。

そうすると、銀行は、私の口座から、そのチェックに書かれた
金額を引き落とし、現金として、大家さんの手に渡すのです。

考えてみたら、銀行自動引き落としというシステムが無かったのは
チェックが流通しているからなのでしょうか?

手数料がかからない分、チェックの方が良いのかな。

しかも、チェックブックは約50~100枚つづりなのですが、
いろいろなデザインがあっておもしろいですよ。

個性が出るというか。

中1日はかかるところが、少し不便ですけれど。

アメリカに来て銀行で口座を開いたら、是非活用してくださいね。


Sponsored Links


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ