大学構内にはハンバーガー屋さんがあります

アメリカの大学には構内にハンバーガー屋さんがあります。

カフェテリアに隣接して、バーガースタンドがあります。
ハンバーガーを売っているところです。

注文をすると、目の前でお肉を焼いてくれます。

温めたパンにそれを乗せてくれるので、それを持って、サブゥエイ風の
トッピングバー的なところへ移動します。
自分の好きな具をそこで、好きなだけ乗せます。
タマネギ、トマト、レタス、ピクルス、などなど。

ソースも好きな物を好きなだけかけることができます。
トマトベースのマリネラソース、レンチという白い粘度の高い
ドレッシングのようなソース。


hunberger


当然、とろとろチェダーチーズソースもあります。
シンプルに、お塩だけでもOK。

付け合わせも選ぶことができます。
マッシュしたポテト、フライドポテト、電話線のように
クルクルにカールしているポテト、コーン、コールスロー・・・。

お肉のバーガーでも、牛ひきにく、豚バラ(っぽいもの)、
グリルドチキン、お魚、自分で選ぶことができます。

焼いているのは、基本的に学生のバイト君です。
仲良くなると、何かとお得です。(笑)

自分のお気に入りは、グリルドチキンサンドにカーリーフライ
(電話線のようなクリクリのポテトフライ)です。
気をつけなければいけないのは、トッピングのオニオンスライスです。
バイト君たちがスライスしているので、おそらく。

たまにものすごく厚い時があります。
ぶ厚い生玉ねぎを食べると、胃がむわぁっとします。
繊細かつ律儀な日本では、あまりない経験ですね。


Sponsored Links


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ