アメリカ式マシュマロの食べ方

今日はマシュマロのお話です。

あなたも、マシュマロは食べたことがあると思います。

日本で一般的なのは、中にブルーベリーのジャム的な物が入っていたり
チョコレートクリームが入っていたり。

中に何かが入っている、大ぶりの、ふわふわしたもの。
袋詰めにされて、普通に食べますよね。

アメリカのマシュマロは、少し違っていました。

中に何かが入っているものは、もちろんありますが、
それよりも一般的に消費され、よく好まれているものは、
シンプルなただのふわふわ、それも小粒のものです。

小さいマシュマロが、大きな袋に沢山詰め込まれて売っています。

これまでのアメリカンビッグサイズや、
もう無理!というくらいの甘さが好きなアメリカの人々が、
こんなにシンプルなマシュマロを好むとは・・・。

と、若干意外だなぁと思ったのですが、
先日、その需要の意味がやっとわかりました。

アメリカでは、マシュマロを、コーヒーやココアに浮かべるのです。
それこそ、カップの表面がマシュマロで溢れるくらいに。


masyumaro


どうやって飲むのよ?

最初は驚いたのですが、飲み物の熱さで、
その山盛りのマシュマロが、徐々に溶けていくのですね。

溶けかかっているマシュマロは、半生のような状態で、
本当においしいのです。
甘いのですけど。

でも、それを初めて飲んでみて、やっと理解できました。

小粒のマシュマロ。

日本にもあったら、是非ためしてみてください。
あ、お砂糖は入れてはだめですよ。
マシュマロだけで、充分甘くなりますから。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ