アメリカのおいしいリンゴの食べ方

アメリカの食生活で非常に気に入ったものをご紹介します。

それは、リンゴにつけて食べる、ピーナッツバタークリームです。

こちらのリンゴは、日本のそれと違い、小ぶりで甘みも強くありません。
形もあまり整っているともいえません。

スーパーに行くと、日本のジャガイモのように、
カートに山積みに、それこそごろごろと売っています。


apple


それを各自欲しいだけ袋に詰め、レジで重さを量りお会計、という流れです。
ピーナッツバタークリームは、そんなリンゴの山の横に売っています。

自分はもともとそんなにリンゴ好きではなかったのですが、
初めて試してみて驚きました。

とても甘くて美味しく、果てしなくリンゴが食べられる気さえした程です。

自分はよく、リンゴの皮を丸ごと剥いた後、
ナイフでそぎ切りし、切った片を手に取り、
そのピーナッツバタークリームをたっぷりすくって食べるのが好きです。

リンゴのジューシーな酸味としゃきしゃきの歯ごたえ、
ピーナッツクリームの甘み、バターの濃厚さ、それらが口の中に広がって、
本当に幸せな味です。

日本のように甘いリンゴでないからこその、食べ方だと思います。

日本のリンゴは、蜜がぎゅっと濃縮され、甘くて大きく、形がよく、
ツヤツヤに磨かれたリンゴです。

それらよりも、この、素朴でいびつなリンゴに
ピーナッツバターをたっぷりつけていただくリンゴの方が、
私は好きです。
日本でも売っていたら良かったのになぁと思います。

Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ