傘をささない人々 アメリカ生活

雨が降ったら、傘をさします。
日本では当たり前のことですね。

突然の雨にも対応できるように
折り畳み傘なんていうのもあります。

準備するのを忘れても
コンビニに行けば必ず買うことができます。

ところが、アメリカ人は一般的に傘をさしません。

雨が降っても、みんな気にすることなく
びしょびしょなのです。

あるいは、フードがある服を着ている人はフードをかぶります。
ベースボールキャップをかぶっている人は、帽子でしのぎます。

けれど、基本的に、雨に降られることに対する抵抗感は
日本に比べると、低いように感じます。

キャンパス内で傘をさしているのは
ほとんどが留学生です。

アメリカ人の友人に訊きました。
どうして傘をささないの?

するとこんな答えが返ってきました。
傘をさすのは、ゲイか老人だけ。

そうですか・・・。

こちらでは、傘ひとつでも
一種の偏見があるということを知りました。

論理的に考えてみても、雨に濡れると風邪をひくし、
お洋服も持ち物も、びしゃびしゃになって
不愉快だと思いますが。

そういうことは
問題にはならないようです。

傘ひとつとっても、興味深い発見でした。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ