授業風景 あまり勉強しないアメリカ人

留学の理由は人それぞれですが、基本的に留学生は勉強熱心です。
対して、現地アメリカ人生徒は、あまり勉強に熱心ではありません。

日本の大学生が飲み会ばかりしていて、
留学しに来ている外国からの学生の方が熱心に勉強するのと、
同じ現象なのかもしれません。

英語という、語学のハンデがある以上、
留学生は教科書に取り組む時間が長くなることは
やむを得ないこともあるかもしれません。

母国語で勉強することは、もしかすると、
勉強に対する甘えが出るのかもしれません。

そんなに必死にやらなくてもわかる、というような・・・。
わかったつもり、という現象でしょうか。


故に、きちんと勉強をしているアメリカ人生徒は、
皆一様に、良い成績を取ります。

そういう、きちんと勉強をしているアメリカ人に限って、
アルバイトをして自分のお小遣いを稼いでいたり、
養わなければならない家族がいたり、

奨学金を取り続けなければならなかったりと、
何かしらの縛りが見受けられます。

あるいは、とても情熱的なその学科に対する興味を持っています。

差し迫った状況に居る人の方が、
ある人から見るとたかが大学教育でさえ、より熱意をもって、
真面目に、取り組むことができるのでしょうか?

それにしても、この授業風景は、アメリカならではとつくづく思います。

生徒から、ポンポン質問が出ます。
教授は、次から次へと生徒に疑問を投げかけます。

お互いの対話で、授業が成り立つ様子は、
日本では、なかなか経験できないことだと思います。 


Sponsored Links
 


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ