アメリカの大学の同級生たち!?

大学生というと、イメージとしては
20代前後で、若さに満ち溢れ
勉学、趣味、スポーツ、飲み会、シングルライフ。

そういったものを満喫しているイメージがあるかと思います。

もちろん、アメリカの学生の大半はその通りです。

ところが、これが意外にも
既に結婚している人々はおろか
小さな子供を抱えている生徒が多いのです。

年齢の差はそんなに無いのにもかかわらず!

普通に同級生
(という概念が間違っているのかもしれませんが)
と思っていたら、
双子のお父さんだった。

とか

授業が終わったらそそくさと帰るから
ちょっとお茶でも
と、誘うと

子供をベビーシッターに預けているから
というお母さん。

親になっても、学業熱心なその姿勢。
社会がそれを支えられるほど余裕があるのでしょうか。

自分の友達が子持と知り、私は驚きを隠せないでいました。

親業と学生を一緒に行うそのバイタリティーは、
いつ見ても、尊敬します。

子育てと仕事が両立できない、という話は良く聞きますが、
子育てと学業も、両立し得ないものだと思っていました。

ここにきて、沢山の人にあって、
さまざまな状況を知り

やりたいことは、いつでもできるんだ、という意味を
日々実感しています。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ