ビニール袋で野菜を携帯する人々 

日本で言う代表的な携帯食は、おにぎりでしょうか?
あるいはサンドイッチやちょっとしたお惣菜パンなどなど??

一緒にペットボトルのお茶も買いますよね?

アメリカの田舎に居ると、日本のコンビニで手に入る全ての、
所謂普通の食べ物が無償に恋しくなります。

食事は基本的に、カフェテリアや隣接のバーガースタンドですが、
アメリカ人の学生たちは非常に個性的な“お弁当”を持ち歩いています。

映画で見たことがあるかと思いますが、
フルーツをかじっている人は多いですね。
リンゴ、オレンジ、葡萄。
こちらの葡萄は、日本でいうマスカットのように、
皮が薄く、薄緑色をしています。
種はありません。
リンゴは小ぶりで、甘さ控えめです。


grapeslarge


驚いたのは、小さなニンジンです。
生で食べるのですが、皮がむいてあるのかないのか・・・
良く分かりません。
とにかく、小指の半分ほどのニンジンです。
かじります。生で。
レンチソースと言って、白い、日本でいうフレンチドレッシング
の固形のようなものをつけていただくと、果てしなく食べられます。
美味しい。
学生は、その小さなニンジン達を、
ビニール袋にどっさり入れて持ち運んでいます。
たまに袋に手を入れて、ポリポリ齧ったり・・・。
ちょうど、マックのポテトを食べるような感覚。


carots


初めて見たときはとても驚きましたが、
食べてみるとこれがまた新鮮でおいしく、意外とはまります。

日本にも売っていればいいのになぁと思います。

Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ