アメリカ留学 大学でアメリカ人の友人が出来る

留学をすると、いろいろな国籍の友人ができます。

留学生同士は、仲良くなり易いのです。
やはり同じ境遇だからでしょうか。

皆一様に、英語が完ぺきではありません。
異なる文化の世界に単身で乗り込み、
日々、勉強に励んでいます。

アメリカ人の友人も、少なからずできました。
でも、親日派や、ものすごく我慢強いタイプばかりです。

露骨に留学生を嫌う現地の学生も居ます。
いろいろありますね。

友人になったアメリカ人に、私たち留学生が
アメリカ人の視点から、どのように見られているか聞きました。

彼らは基本的に、アジア人の区別がつきません。
韓国なのか中国なのか日本なのか。
でも、いつも集団で行動しているのは、確実に日本人だそうです。

確かに、日本から来た留学生は、グループを作りますね。
そして、日本語で話していますね。

私も、日本語のわからない友達がその場に居ない時は、
日本人の友達とは日本語で話してしまいます。

でも、特別、グループで行動するタイプではないので、
比較的アメリカ人の友達も居る方ではないかと思います。

留学を決める時は、日本人が居ない所が良いですよ。
そのぶんものすごく大変だし、最初は非常に孤独だと思いますが
結局、それが自分の為になるからです。

それらを乗り越えて無事卒業したあかつきには、
人間的にも、強くなると思います。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ