アメリカ英語にも訛りがあるのは日本の方言と同じ?

私が英語を学校で初めて学んだのは、中学生でした。
初めての英語のクラスです。

皆さんにも憶えがあるかと思いますが、よく先生が、
英語のCDを流して聴かせて、繰り返しましたよね。

あの英語、実は、西海岸の英語だということをご存じでした?

学校によっては、早くから、TOEICやTOEFLを目指し、
アメリカ英語だけでなく、イギリスやオーストラリアの英語を

聴かせる所があるかと思います。
最近はカナダ英語も学べるようですね。

残念ながら私が通っていた学校では、アメリカの、しかも西海岸の
英語のみを教えるというものでした。

今留学しているところは、西海岸ではないばかりか、
とても田舎です。
つまり、今まで聞いてきた英語とは、違うのです。
独特の訛があります。

最初は戸惑いました。
でもそれも慣れますから、そんなに心配しなくても大丈夫です。
でも、変な訛がついたら嫌だなぁ、とは思います。
その前にすでに、アジア訛がすごいんですけどね。(笑)

英語の発音て、難しいですよね。
早口で話すと、舌を噛みそうになります。

自分が留学したい所が決まっているのなら、それに向けて

耳を慣らしておくことをお勧めします。
でも、5~6年も居れば、多少の訛も気にならなくなります。

結局、どれくらい英語浸けだったかという、問題なのですね。

もっとがんばろうっと。

Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ