アメリカ 一人暮らし言葉の壁にぶつかる

留学生活もだいぶ慣れ、友達もでき、万事順調に思える頃にぶつかり、
そして未だに解決できない壁があります。

それは、言葉の壁。


意思の疎通はそれなりにできる。
けれども、
日本語だとでてくる微妙なニュアンスまではどうしても言えない。

言葉が足りないからです。
あるいは、文化の勉強不足なのか・・・。

こういう微妙な意味を言いたいのに、英語で何と表現するのかわからない。
私が言いたいのは、そうではなくてこう!

おおざっぱな意味合いでは伝えることができるけれど、
細かい気持ちは表現できません。

非常にもどかしく、ストレスです。


どうしたらこんな気持ちにならなくなるのでしょうか。
いつになったら、
気持ち良く100%自分の気持ちを伝えられるのでしょうか。

日々、めげてはまた顔を上げ、落ちてはまた気を奮い立たせ、
英語という言葉の世界でわずかながらの一歩を踏みしめる生活です。

英語という言葉に触れることにより、
日本語に対する意識も変わった気がします。

ひとつひとつの言葉の意味に、非常に厳密になりました。
ちょっと細かすぎるくらいかもしれません。

だから、たまに日本に帰ると目にするものすごいカタカナゴには
振り回されてしまいます。

あー、言語って、難しい。


Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ