アメリカの徴兵と戦争 大学の友人の彼の部隊が戦場に・・・

アメリカ人の友達を間に一人はさんだだけで、
必ず軍隊に入り、今この瞬間戦場で戦っている人と、繋がります。

だから友人たちは、軍の動向や戦争のニュースを気にしています。

非常に身近なのです。

日本の大学生で、戦争がそんなに身近に感じられる生徒は
いったいどれくらい居るのかな、と、ふと思いました。

アメリカ人が軍に入る理由はさまざまですが、
止むを得ずその選択肢を取った人も沢山居ると思います。

戦争は、私には、とても遠い存在でした。
テレビの向こう側、新聞の紙面上、
そういうところでしか、目にすることがないからです。

でも、今度彼の居る部隊が戦場に赴くことになった。と

目を真っ赤に腫らした友人の言葉を聞いて、
なんだか、切なくなってしまいました。

どうか無事に帰ってきて欲しいと、切に願います。

日本から遠く離れたこの地で、
日本のことを考えることが増えました。
それも以前とは異なる視点を以って。

私には何ができるだろうか。

いつも、この、なんとかしたい、という気持ちと、
全然力が及ばないこのふがいなさで、
葛藤の毎日です。

今日も、前を向いて、がんばります。


Sponsored Links


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ