アメリカの雪は質が違う!?地域による雪の違いって!

雪が多い所へ来ていることは、以前にも触れたと思います。

私はもともと、比較的温暖な気候出身ですので、

雪が降ることに、慣れていません。
私にとって、だからここは、初めての、雪が日常にある生活です。


snow


これまで雪を見たのは、カナダのスキー場と、
新潟のスキー場と、寒い日の東京と、冬の北海道のみです。

カナダでは降られなかったので、わかりませんが、
新潟も東京も北海道もひとくくりにすると、日本の雪は、

比較的ショボショボしていて、湿っているイメージです。
降ったものもベチャベチャしているし、汚い・・・。

雪って、何も良いことがない、寒いだけだし。
というのが、これまでの私の雪に対する印象でした。

ところが、ここへ来て、初めて雪の美しさに気付きました。

ここの雪は、とても軽く、結晶の粒で落ちてきます。
あの、良く、写真とかで見るやつです。

あれが、空から降りてきます。
粉雪、サラサラ、なのです。

積もったところは、ふっかふかです。
ジャンプして飛び込んでしまったほどです。
犬が喜び庭駆け回る雪は、きっとこのことなんだと思いました。

街頭に照らされて、キラキラ光る粒は、本当に綺麗です。
それが、俗に言う、ダイヤモンドダストなのですね。

何故か寒さも感じず、気持ちが良い。
雪にポジティブなイメージを持ったのは、初めてでした。

気候のまったく違う国にいくのも、また面白いですね。

Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ